住まい・不動産を高く売る方法 Vol2 情報収集して適正価格を把握する

◇◆◇—————————————————-

Vol.2 情報収集して適正価格を把握する。

——————————————————–◇◆◇

不動産を売る時に一番大きな要因となるのが「価格」です。
価格については、どうしてもご自分の住まい、不動産はご自身で高く評価しがちです。
また、昔の地価が高い時の価格が頭に残っている場合があります。
売却の際は、事前に不動産屋さんに査定をしてもらうことになりますが、
査定の結果にかかわらず、高い売り出し価格を求めたり、本来信頼出来る不動産屋さんを断って、根拠の希薄な「高い査定書」を持ってきた不動産業者に依頼して、お客様に検討すらされずに長期間ほっとかれてしまうケースもあります。
反対に価格が安すぎるともちろん損をしてしまいます。
そこで「適正な価格」をある程度、ご自分で把握することが大事です。
自ら情報収集の努力をしてみて下さい。

新聞、情報誌、チラシのほかにネットで気軽に不動産物件情報が手に入る時代です。

売りに出そうとしているご自身の住まい、不動産の競合すると思われる物件がいくら位
で売っているか調べてみましょう。
同じ地域で同じ位の面積の土地、同じ位の築年数の中古物件がいくらで出ているか。
マンションでしたら同じ間取り、築年数のマンションです。

最近は物件の所在地まで公開していることが多いので、
実際に足を運んで見てみることも出来ます。

売主として市場の価格を把握することで、思い入れに左右されない、
競合物件を把握したうえで、このくらいで売れれば最高という価格と
最低限この価格では売りたいという価格を不動産屋さんと
相談しながら決めましょう。

 

住まい・不動産を高く売る方法 Vol1 成約を勝ち取るために自分で出来るひと工夫。

大切な財産である住まい・不動産を売るのであれば「少しでも高く売りたい!」と思うのは当然ですが、どうしたら高く売ることが出来るでしょうか?これから売却を真剣に考えている貴方、不動産の売却を成功させたいと考えている貴方のヒントになれば幸いです。
◇◆◇—————————————————-
Vol.1 成約を勝ち取るために自分で出来るひと工夫

——————————————————–◇◆◇

不動産を売る時は、「不動産屋さんに依頼して吉報を待つ。」というのが常道で、自分で出来る事は少ないように思えますが、それでもスムーズな売却のために自分で出来ることはあります。
成約を勝ち取る!チャンスを逃して損しないためにも、比較的簡単に出来る事が多いのでやってみましょう。
1.内覧の要望には極力応じる。
お客様の内覧の要望にはなるべく応じていただいたほうが成約する可能性が増します。「内覧なくして成約なし。」と言います。内覧しないで買う人はいません。内覧が成約への第一歩です。不動産の購入をお考えの方は皆さん真剣です。冷やかしで見に来る人はほとんどいませんので、お忙しいでしょうが、極力お客様の希望に合わせていただいたほうが成約になる可能性は間違いなく増します。
2.綺麗にしておく
「もう少し綺麗にしていれば売れたのに。」と言うことにならないように・・。やはり第一印象が大事です。物を片付けておく、お掃除をしておくだけで印象が違うということがあります。玄関の出しっぱなしの靴を片付けておく、リビングの整理整頓とお掃除。水回り(風呂、トイレ、台所)は女性が気になるところです。綺麗にしておきましょう。
3.採光に注意
1)カーテンを開けておく。採光は住まいを選ぶ際にもっとも気になるところです。カーテンはしっかり開けて明るく見せましょう。
2)電気を点灯する。お客様の内覧中にもこまめに電気を消して回る売主様が以外に多いのですが、普段はエコに励んでいただいていても、お客様の内覧している時間はそう長くありません。電気をつけて良く見せてあげて下さい。
切れている蛍光灯、電球は取り替え、出来れば明るいものに交換しておくと良いでしょう。
4)においに気をつけて
あまり神経質にならなくても良いと思いますが、自分では気がつきにくいのが生活臭などのにおいです。室内の換気をしておくだけで違います。タバコを吸う方がいる場合、ペットがいる場合は特に気をつけて下さい。
5)ハウスクリーニングしてしまう。
中古住宅、中古マンションの売却の際にハウスクリーニングは必須でありませんが、空家、空室の際には一考に値します。最初に費用がかかるのを嫌がる方は多いのですが印象が断然違ってきます。特にマンションの場合はおすすめなので検討してみましょう。
6)ミニリフォーム・修繕を行う。
不動産の値引きは100万円単位になることが少なくありません。値引き交渉のネタになってしまうことが予想されるところは(ご予算があればですが・・)あらかじめ直してしまうのもひとつの手です。費用をかけた分以上に高く売れる場合もあります。但し、ひとりよがりのリフォームをしても仕方ありませんので、やるなら不動産業者さんと事前に相談のうえ施工しましょう。